葬儀を葬儀社以外に依頼することもある。

葬儀社以外に葬儀を依頼する方法を書いていきます。


市民葬、市営葬などの名前で、簡素で低価格に取り行うという福祉制度は、市民葬や区民葬です。
市の職員が取り行ったり、市営斎場で施行したりしているところもあります。
簡素に行いたいという人が増えてきている現在では、市民葬を希望する声は確実に広がっています。
会館などを使えるという点もメリットとしてありますが、市民葬は、市民あるいは区民にしか与えられないため、居住地域にそうした制度があるのかどうか、調べておく必要があります。
相談すれば、低料金の業者を斡旋してくれる親切な役所もあります。
それ以外にも様々な相談に乗ってくれるケースも多くありますので、役所を積極的に利用することもおススメです。

互助会による葬儀もあります

冠婚葬祭互助会とは、いざというときのために一定金額を積み立てておくシステムです。
加入者が連絡すると、互助会の係員が駆けつけてくれ、葬儀を取り仕切ってくれます。
互助会のメリットとしましては、掛け金が比較的安いということと、満期になっても権利が永久的に継続することができるという点、さらに満期になったあとも、権利を家族や友人に譲ることもできる、という点などが挙げられます。

互助会のデメリット

一方、費用の負担は大きくなります。
掛け金に利息がつきませんし、棺や祭壇など、基本的なものにしか適用されずに、別途料金が色々とかかってくることは覚えておかなければなりません。
互助会によっては、解約時に解約金をとられるケースなどもあります。
加入の際には、事前に定款をしっかり読んでおき、積立金額の中ではどの程度のものを実施することができるのかをチェックしておき、良心的な運営の互助会を選択することが大切になってきます。