葬儀後の納骨について

葬儀後には納骨がありますが、これについて見ていきます。

納骨には、火葬場で発行してもらった埋葬許可証を持参します。
これと認め印がなければ納骨ができません。
納骨式では、線香か抹香や香炉、花、手桶やひしゃくなどが必要になりますが、すべて墓地や霊園、近くの石材店や花屋で借りることもできます。
納骨の方法は、業者などに墓を開けてもらい、喪主や遺族が骨壺をそのまま納骨室に納めるのが普通です。
しかし地方によっては、遺骨が土に帰るようにと、骨壺から出して納骨室の地面にあけるなどのしきたりもあります。

納骨後の対応

納骨が終わったら、僧侶に納骨法要をしてもらい、読経の後、参会者が順に焼香し、合掌礼拝をします。
納骨式の後は、参会者で供養のための食事の席をもつとよいです。
墓地はあっても墓石が確保できない場合は、納骨室に遺骨を納め、仮に白木の墓標を立てておくこともできます。
しかし墓地を購入するのが大変であるとか、墓地はいらないが供養したいなどの場合は、納骨堂に遺骨を納めるという方法があります。
この納骨堂には、寺院や霊園にある墓地ができるまでの一時的なものから、納骨堂に永久に遺骨を納める永代納骨まであります。

永眠するための永代納骨堂

永代納骨の納骨堂は、一般に想像しがちな無縁仏を祭る納骨堂とは別のもので、墓の機能を持つ納骨堂と言えます。
近年では、ずらっと仏壇が並んだ霊廟形式のものから、納骨壇だけのロッカー形式のものなど様々な納骨堂が、民営、公営を問わずにできています。
また、四十九日の忌明け後には形見分けがあります。
これは近親者や親友などで分け合うものです。
本来は本人が身につけていた物を分け合うものですが、現在では購入したものも分け合うようになってきています。